JAXとは?

JAXは、1955年に創業された米ウィスコンシン州ミルウォーキー郊外に本拠地を置く特殊潤滑油専業メーカーです。特に食品機械用潤滑油のパイオニアとして優れた実績を持つ米トップブランドで、1962年にはJAX食品機械用グリスMagna Plate 8が、「偶発的食品接触」潤滑油として初めて米国農務省より認可を受けました。それ以来、200種以上の製品が食品機械用潤滑油として認定され、現在JAXは食品機械用潤滑油全米トップシェアを誇り、世界24ヶ国の食品業界で使用されています。

米JAX社公式サイト: www.jax.com

信頼と実績

JAXは、米国農務省より1962年に最初の「偶発的食品接触」潤滑剤としてマグナプレート8が認証を受けて以来、食品機械用潤滑剤のパイオニアとして潤滑油業界をリードしてきました。また、品質マネジメントISO9001:2008も取得しています。

  • 1962年に初めて「偶発的食品接触」潤滑剤
    として米農務省より認定を受ける。

  • 200種以上にも及ぶNSF登録製品

  • 品質マネジメントISO9001:2008取得

JAX製品の特長

安全性の証明NSF H1認証製品
JAX食品機械用潤滑剤は、FDA(アメリカ食品医薬品局)に規定された原料のみを使用して製造され、NSFより「偶発的食品接触」潤滑油 H1の認証を受けた安全性の高い製品です。
優れたパフォーマンス
JAX食品機械用潤滑剤は、他社従来品と異なり高い潤滑性・耐摩耗性・酸化安定性を有し、様々な製造工程での問題を解決します。
ユーザー様の声から生まれた製品
JAX食品機械用潤滑剤は、ユーザー様の声を反映し改良に改良を重ねられており、今後も進化し続けます。

NSFとは?

NSF(National Sanitation Foundation)

NSFとは、1944年に米国で設立された公衆衛生・環境に関する事業を行う非営利の第三者機関です。食品分野ではHACCPの登録審査の他、食品加工現場で使用される製品の登録・認証を行っており、H1・H2・H3・3HはNSFにより定められた潤滑油の規格です。JAXは、食品機械用潤滑油H1,3H製品を豊富に取り揃えています。

H1 偶発的に食品に接触する可能性がある箇所で使用できる潤滑剤。
H2 食品に接触する可能性がない箇所でのみ使用できる潤滑剤。
H3 肉を吊るすフックの防錆等に使用されるもので、食品接触時には洗うか拭き取らなくてはならない。
3H グリルやフライパン等の上で付着・焦げ付き防止のための離型剤で、直接食品に接触する前提で使用される。

世界中のJAXの油を使用している企業様