JAXNSF H1認定 合成油100%
食品機械用耐熱チェーンオイル
JAX Pyro-Kote FG 220

TEL 03-5215-2237 / Fax 03-5215-2239

耐熱性能 ナンバー1、欧米シェア ナンバー1
JAXの食品機械用H1潤滑油のパッケージ

高い安全性が求められる食品メーカー様

オーブンなどの高温環境におけるスラッジでお困りの製造工場様へ…

驚異の耐熱性!

引火点320度でもスラッジレス!あらゆる高温環境に対応し、焦げ付きや煙、臭気抑制!

優れた潤滑性!

高い保湿性で摩耗や劣化を軽減
チェーンの寿命を飛躍的に延ばします。

蒸発に強い!

一般的なチェーンオイルと比べて潤滑油使用量40%減

JAXは「圧倒的な性能の良さ」に自信があります!
ただいま「4リットル無料サンプル」配布中!まずはお試しください!

「食の安全」が注目される今、
異物混入へのリスクヘッジがより重要に

健康への意識が高まる中、「食の安全」への関心が高まっています。

なかでも、食品への異物混入によるリコール件数は増え続け、企業の自主回収も目立つようになってきました。昨今のSNSの発達により、一つの事例があっという間に拡散し、社会を巻き込む事件へと発達することも少なくありません。会社全体が多大な影響を受け、これまで築いてきた信頼を一瞬で失ってしまう可能性を秘めているのです。つまり、これまで以上に企業のリスクヘッジが重要になってきているといえるでしょう。

世界的に見ると、潤滑剤による異物混入によるリコールの例も数多く報告されています。リスクヘッジを考えるのであれば、潤滑剤もより安全なものを使用する必要があります。

リスクヘッジへの意識の高まりとともに、現在もっとも完成された国際食品安全規格であるFSSC22000を取得する企業が増えています。2010年12月には30社だった承認取得企業は、2016年4月には1053社へと推移し、規格取得がほぼ義務化しつつあるのです。

FSSC22000の衛生管理手法 HACCP

HACCPにおける潤滑剤の考え方の優先順位

  1. 潤滑剤を使用しない
  2. 潤滑剤が漏れない・触れない対策
  3. 偶発的接触が許容される潤滑剤の使用

実際の現場では、は、非現実的!

「混入対策」には口に入れても安全な潤滑油の使用が必須

「NSF H1規格」の食品工業用潤滑油

油には様々な種類があり、それぞれの用途に応じて使い分けをされています。

たとえば、「安全性」と「潤滑性」といった部分から見ると、もっとも安全度が高いのは植物油です。これは食べても問題ありませんが、潤滑性能が低いため、機械の潤滑油としては向きません。植物油とは逆に、潤滑性能が高いのは工業用潤滑油。しかし、こちらは主には石油で出来ていますので安全性が低く、食品工業用潤滑油には向きません。

現在、世界的に標準となっている食品機械潤滑剤は「NSF H1規格」のものです。しかし、従来のH1油は安全性こそ高いものの、潤滑性能はよくありませんでした。価格も高く、200度から300度ほどあるオーブンの過酷な高温環境では一瞬で蒸発してしまったり、焦げ付きを起こしてチェーン自体が動かなくなることもあり、日本では敬遠されがちでした。

それに対し、「JAX Pyro-Kote FG220」は潤滑性能が非常に高いのが特徴です。H1では焦げ付いてしまう高熱環境でも「JAX Pyro-Kote FG220」はスラッジレス。いっさい焦げ付きません!摩擦や酸化による機械の劣化を軽減し、機械の寿命を飛躍的に伸ばす100%合成油です。

日本のH1潤滑油の位置づけの表

「安全」は当たり前、欧米シェアNo.1の
「潤滑性能」「耐熱性」を実感してください!

従来の潤滑油では対応が難しかったオーブンの高温環境でも「JAX Pyro-Kote FG220」はスラッジゼロ!これまで消耗が激しく、4年で交換していたチェーンが、「JAX Pyro-Kote FG220」に変えたところ、寿命が6年に伸びたという例もあります。

食の安全に対する規制がもっとも厳しい欧州で、「JAX Pyro-Kote FG220」はシェアNO.1を誇っています。しかも、従来のH1より低価格で高性能。その性能は高く評価され、マクドナルド社をはじめとした、多くの食品メーカーが指定潤滑油として採用しています。一度試してみれば、その性能の高さは一目瞭然です!

JAXの潤滑油を運ぶ女性

「JAX」の食品機械用潤滑油は世界中で採用されています!

マクドナルド社、

こんなお悩みありませんか?


オーブンのスラッジ(焦げ付き)が多い


チェーンオイルの蒸発が早い


部品がすぐ錆びる、チェーンの摩耗が早い


メンテナンスにかかる時間とコストを削減したい

「JAX Pyro-Kote FG 220」は極めて低い蒸発性で「保油時間」を最大にし、
チェーン駆動上で高い潤滑性を維持し続けます。

JAX導入効果の例(耐熱チェーンオイル)

~ 米ペーパートレイメーカー:C社からJAXに切り替え ~

潤滑油使用量は40%減!チェーン寿命は4年から6年に!

「JAX Pyro-Kote FG 220」の2週間程度の使用で、元から付着したスラッジを除去し、チェーンを清浄にします。

JAXの潤滑油を2週間使用で使用前よりも清浄されたチェーンの様子

驚異の耐熱性でスラッジゼロを実現!

「JAX Pyro-Kote FG220」は引火点320度!

耐熱315度でスラッジ、煙、臭いの発生を抑制します。製パン・製菓オーブンをはじめとする、あらゆる高熱環境での食品製造工程でお使いいただけます。

また、食品メーカーだけでなく、缶の印刷・塗装工場の乾燥工程などにも広く採用されています。

パンやクッキー、お煎餅など、これまでスラッジに悩んでいた食品工場の方や、印刷・塗装工場などの乾燥ラインで機械の摩耗を減らしたいと考えていた方は、ぜひ一度お試しください。

製パン工場のオーブン

NSF H1食品機械用潤滑油のパイオニア「JAX」について

米JAX社外観

米JAX社は、1955年創業の潤滑油メーカーです。特に食品機械用潤滑油のパイオニアとして優れた実績を持ち、1962年に、米国農務省よりH1潤滑油の第一号認証を受けています。それ以来200種以上の製品が食品グレード潤滑油として登録され、世界24ヶ国で使用されています。

潤滑油の製造工程、使用時、取扱時における徹底した品質マネジメントISO21469を取得し、食に対するさらなる安全を提供し続けています。

JAX-JAPANが日本国内のご利用者さまをサポートします!

JAX-JAPAN」は、米JAX製品を取り扱う日本国内唯一の輸入総代理店です。 高品質な潤滑油をご提供するとともに、ユーザー様の抱える油による機械トラブルの解決をサポートします!

食品機械用潤滑油でお困りのことがあれば、お気軽にご相談くださいませ!